妊婦の悩みや不安、疑問を詳しく説明して解決しています。

 

あなたの問題を解決する答えがきっと見つかりますよ。

 

妊婦と妊娠の兆候

妊婦の中には、「妊娠したことをすぐに気づいた」と言う人もいれば「なかなか気づくことができなかった」と言う人もいます。

 

生理不順だった妊婦の場合、「妊娠したことにまったく気づかなかった」と言う人もおり、妊娠に気づくきっかけと言うのは本当に色々みたいです。

 

妊婦が妊娠に気づくきっかけのなかで、割と多いのが「めまい」。

 

妊娠すると妊婦は体の栄養を胎児に取られる様になるので、貧血の様にフラフラとめまいを起こしてしまうことが多くなります。

 

これで妊娠に気づく妊婦は意外と多い様で、「妊娠に気づくきっかけ」として多く取り上げられています。

 

また、妊娠すると「熱っぽくなる」とも言われ、こちらも経験談として妊婦が多く語っています。

 

基本的に、体温が普段より高いかどうかは「基礎体温」をつけてみなければ解らないのですが、つけていなくても「熱っぽい」と感じる妊婦は多いみたいですね。

 

体温が高いので、風邪だと思って風邪薬を飲んだ妊婦もいます(妊娠に気づくか気づかないかの時期に薬の影響はありません)。

 

妊婦が妊娠に気づくきっかけの「熱っぽい」ですが、それが三週間以上続いた場合はほぼ「妊娠した」と考えていいのではないかと思います。

 

風邪と間違われることが難点ではあるものの、妊婦も「なんとなく体が熱っぽくて、そこから妊娠に気づいた」と言う人は非常に多いです。

 

そして、妊婦が妊娠に気づくきっかけとして多いのが「つわり」です。

 

妊婦にどうしてつわりが多いのか、それはまだはっきり原因がわかっていませんし、つわりが無い女性もいますが、「つわり」が妊娠に気づくきっかけになることは多いです。

 

妊婦に多いつわりは「妊娠だからこそなるもの」で、酷い人になると食べ物の匂いで吐いてしまう人もいるほどです。

 

妊婦になることで、女性の体は本当に大きく変化することが解ります。

 

妊婦が妊娠に気づいたきっかけには、本当に色々なものがあるのだと言うことも解りますね。

 

妊婦が妊娠に気づくきっかけの中には、「着床出血」と言うものも。

 

着床出血は受精卵が子宮の内膜にくっつく時に出るもので、すべての妊婦におきるものではありません。

 

でも、妊婦の中で「着床出血を経験した」と言う人も多いので、妊娠のひとつの目安になると言われています。

 

この様に、妊婦が妊娠に気づくきっかけには色々なものがあるもの。

 

しかし、やはり「妊娠したな」と感じたら、産婦人科へ行き、妊婦の検診を受けるのが一番良いのではないでしょうか。